建物づくり::Q&A

初めての建物づくりは、どなたでも不安や疑問、確認しておきたい事がいっぱい。
ここでは、皆様から多く寄せられる質問を紹介します。

RCってなんですか?
鉄筋コンクリート(Reinforced Concrete)のことです。 圧縮力に強いコンクリートに、引張力に強い鉄筋を埋込み一体化することで、高い耐久性・耐火性・耐震性のある構造を造り出します。
Page Top
「RC外断熱の家」は、一般的なRC住宅とどう違うんですか?
一般的なRC住宅では、鉄筋コンクリートの構造体の内側に断熱材を施工しています。コンクリートは熱さや冷たさを蓄えられる「蓄熱体」としての性質があるため、外気にさらされた状態では、夏の暑さや冬の寒さを蓄熱して長時間に渡り保持し、その影響を室内に伝えてしまいます。断熱材が充分な効果を発揮できていないのです。一方、「RC外断熱の家」では断熱材で家全体を包みこむため、コンクリートが蓄熱体としてのメリットを発揮します。断熱材が建物の一番外側にあることで、躯体であるコンクリートに外気の影響を与えません。室内側にあるコンクリートが室温に順応することで、建物内は快適な温度を保ちます。また、外気の温度変化などによるコンクリートの膨張収縮も軽減出来るため、鉄筋コンクリートの経年劣化もおさえられます。「RC外断熱の家」はRCのメリットを最大限に活かした「RC住宅の最終形」といえます。
Page Top
鉄筋コンクリートの家は寒そうなイメージがありますが、どうですか?
「RC外断熱の家」は、従来のRC内断熱住宅の真逆です。構造体を断熱材で包む魔法瓶のような構造をしているため、冬暖かく、夏涼しい快適な生活を送れます。実際に「RC外断熱の家」に住まわれている方を訪問し、住み心地を聞くこともできますので、お気軽にご相談ください。
Page Top
なぜ、コストを低く抑えられるのですか?
独自のハイブリッド工法を採用しているからです。従来のRC住宅はベニヤ型枠でコンクリート成形を行い、そのコンクリート表面を補修して断熱施工のための下地をつくり、断熱施工を行うなど、作業が煩雑で多くの職人が必要でした。一方、「RC外断熱の家」は、取り外し不要の断熱ボードを型枠として直に施工するため、コンクリート打設と断熱施工が同時に行えます。工程数が大幅に省略され職人数も少なくて済み、短期施工と省コスト化を実現しています。
Page Top
屋上の防水はどうなっていますか?
ホームデザインでは、検査機関にも認定されている防水混和剤を混入した「防水コンクリート」を採用しています。そもそもコンクリートは優れた防水性能を持っています。皆さんもご存じの通り、プールやダム、防火水槽などもコンクリートで作られています。「RC外断熱の家」も同様にコンクリート造ですから、屋上の防水はご安心ください。
Page Top
災害に強い家ですか?
震度7クラスの地震にも耐えうる高度な耐震性能を誇ります。また耐火性能にも優れ、震災時に心配な火災による二次災害の被害も最小限に抑えることができます。学校や病院などの公共建物のほとんどが鉄筋コンクリート造なのは、優れた耐震性・耐火性が認められているからです。
Page Top
結露やカビ・ダニが少ないって本当ですか?
従来の鉄筋コンクリート住宅では、室内温度と壁の中の空間(断熱材と躯体との隙間)に大きな温度差ができやすく、それが結露の原因となり、さらにカビ・ダニの発生原因にもなっていました。「RC外断熱の家」の施工方法は、別名「無結露工法」とも呼ばれ、躯体と断熱材との隙間が無いため、結露の発生しにくい構造となっています。また、現在の住まいは24時間換気が義務化され、室内に新鮮な空気が循環しているので湿気がたまりにくく、結露・カビ・ダニの心配はさらに少なくなっています。
詳しくはこちら 「RC外断熱の家」特設サイト
Page Top
2世帯住宅はできますか?
従来の鉄筋コンクリート住宅よりもはるかに長寿命の「RC外断熱の家」は、2世帯住宅にもぴったりです。充分な床厚により上下階の防音性能も高く、世帯間のストレスを軽減して快適な同居生活を実現できます。
Page Top
地下室はつくれますか?
可能です。「RC外断熱の家」でつくる地下室は防音性が高く、シアタールームやオーディオルーム、ピアノレッスン室など利用用途は多彩。実際にバレエ教室をおつくりになったお客さまにもご好評いただいています。
Page Top
シックハウス症候群が気になります。
コンクリートは砂や砂利、セメントなど、100%自然素材でできています。また、木造住宅のように構造体に防腐剤や殺虫剤を使用する必要がなく、シックハウスの心配が少ない家と言えます。さらに、内装材にも有害物質の揮発が少ない素材を採用し、24時間換気によって室内の空気環境にも配慮しているため、ご家族皆さまが安心して暮らすことができます。
Page Top
外観はコンクリート打放しですか?
RC住宅というとコンクリート打放しの外観をイメージされる方も多いのですが、「RC外断熱の家」では、塗装やタイル貼りを外壁仕上げの標準仕様としています。施主様のご希望を尊重しながら、街並みに調和しつつ個性が際立つデザインをご提案させていただきます。「RC外断熱の家」では、室内壁をコンクリート打放し壁とすることができます。
室内コンクリート打放し壁の住まいも見学が可能です。
Page Top
投資用マンションも建築できますか?
ホームデザインでは、施工コストを低く抑えつつ充分な耐久性を備えたマンションを建築できます。少ない投資額で長期的な利益が期待できます。さらに、一括借上をはじめオーナー様の様々な不安を解消するサポートシステムも充実しています。ぜひ一度ご相談ください。
Page Top